アルティメット栄歯科・矯正歯科
インプラント

インプラント

implant

インプラント

「歯を元に戻して、また今まで通りの日常生活を送りたい!」とお考えの歯を失った皆さまへ、
当院では安心のインプラント治療をご提供しています。

インプラントとは

「インプラント」とは、虫歯や歯周病などによって失われてしまった自分の歯を補うための治療方法の一つです。この治療では、人工の歯の根っこを顎の骨にしっかりと埋め込み、その上に天然の歯のような外観の人工歯を装着します。歯根が骨にしっかりと固定されるため、元々の歯に近い噛み心地を再現することができ、見た目も自然な印象を与えます。さらに、入れ歯やブリッジと異なり、周囲の歯に負担をかけずに済みます。そのため、残っている歯を守るという予防的な効果も期待できるのです。

インプラントのメリットとデメリット

メリット

1.残っている歯への負担が少ない

ブリッジ治療では、隣の歯を削る必要が生じ、さらに長期間にわたり大きな力がかかり続けることから、歯の寿命が短くなることがあります。一方で、インプラント治療では残っている歯を削る必要がなく、負担も最小限に抑えられます。

2.シンプルな治療を提供できる

ブリッジや入れ歯の場合、土台となる歯が虫歯や歯周病になると、全体の治療を再度始めなければなりません。対照的に、インプラントの場合は歯ごとに独立して治療できます。

3.強く噛むことができる

インプラントは歯をしっかりと顎の骨に固定するため、入れ歯やブリッジなどに比べて非常に安定しています。

デメリット

1.外科処置が必要になる

インプラント治療では、部分麻酔を使用した外科処置が必要です。この際、腫れや痛み、内出血が生じることがあり、神経や血管を傷つけたり、出血や麻痺のリスクも考えられます。

●対処法
治療前には、CTを活用してインプラントを埋め込む場所や神経、血管を詳細に確認し、それに基づいてサージカルガイドを作成します。これにより、正確な位置にインプラントを埋め込むことができるようになります。

2.メンテナンスが必須

インプラント治療で取り付けた歯も、自然の歯と同じく歯石や汚れが付着します。ですので、定期的なメンテナンスが欠かせず、歯周病のリスクが生じる可能性があります。十分な歯磨きやクリーニングが難しい方には、検討をおすすめします。

●対処法
インプラント治療を受けた部分が清潔な状態を保つために、適切な歯磨き方法をアドバイスさせていただき、また医院での定期的なクリーニングも提案しています。

3.時間がかかる

インプラントを埋め込んだ後は、骨としっかりと結合するのを待ってから、被せ物を取り付けるために数ヶ月の治療期間が必要です。

●対処法
インプラントを挿入した直後には、仮歯を装着しますので、歯がないという不便な状態を避けることができます。

料金相場

インプラント治療の費用には、まず①材料費として、1本あたり30万円から50万円が一般的な相場とされています。そして、②治療全体には検査料、手術費用、人工歯などが発生し、これらがインプラント治療における総費用です。もちろん、患者様によって手術費用は異なり、サイナスリフトやソケットリフトなどの特殊な手術が必要な場合は、通常の手術費に比べて高額になることがあります。医院ごとの機材環境や歯科医師の技術なども影響を与え、場合によっては約100万円程度に設定されていることもあります。

当院では、インプラント1本あたりの料金を27万円とし、さらに10年間の保証をご提供しています。料金体系は分かりやすく、手術費用についてもお気軽にご相談いただけます。まずは無料相談にお越しください。

インプラントのQ&A

Q.インプラント手術は痛い?

A.手術中は局所麻酔を行いますので、その間は痛みを感じることはありません。ただし、術後に麻酔が切れると、痛みや腫れが生じることがあります。

Q.インプラント治療に年齢制限はある?

A.医学的な条件が整っている限り、骨の成長が安定した16歳以上の方は、どなたでもインプラント治療を受けることが可能です。

Q.手術後のお口のお手入れは必要?

A.インプラントはチタン製なので、原則として半永久的に機能しますが、歯磨きなどの適切なお手入れが欠かせません。毎日きちんと歯磨きやフロスを行い、定期的な検診・クリーニングもお忘れなく。

Q.治療費はどれくらいかかる?

A.インプラントの本数や種類によって費用が異なります。具体的なご相談にお応えしていますので、お気軽にご連絡ください。

Q.治療期間はどのくらいかかる?

A.骨とインプラントが結合するまでの期間は、上顎の場合は約4ヶ月、下顎は約2ヶ月です。その後、骨と結合したインプラントの頭出しの処置と治癒に2週間、最終的にインプラントの上に歯を取り付けるための期間が2週間かかります。

Q.手術を受けるために入院は必要?

A.いいえ、入院の必要はありません。埋め込み手術は日帰りで行います。

Q.自分の歯と同じような感覚で噛むことはできる?

A.インプラントは顎の骨にしっかりと支えられ、自分の歯と同じようにしっかりと噛むことができるようになります。

Q.インプラントは一生使える?

A.適切なメンテナンスを続ければ、インプラントは半永久的にご利用いただけます。ただし、お手入れが十分でないと歯周病になり、骨が痩せてきてグラつきが生じる可能性があります。必ず定期的なメンテナンスを受けるようおすすめいたします。

インプラント治療の流れ

STEP1. 診断・治療計画

アルティメイト栄歯科・矯正歯科では、治療に納得していただくため、CTを活用して歯や骨の状態を詳しく確認し、最適なインプラント治療計画を立てます。患者さまが安心して治療を受けられるよう、丁寧な説明を心がけています。
また、骨が痩せている場合にも適した治療を提供しておりますので、お気軽にご相談ください。
専門の3D診断ソフトを使用し、骨の状態や審美的な治療が必要な場合には最適な計画をご提案いたします。

 愛知はもちろん、三重・岐阜にお住まいの方も歓迎しております。お気軽にご相談ください。

STEP2. インプラント埋め込み手術

口腔内クリーニングと局所麻酔の後、チタン製のインプラントを顎の骨に埋め込む手術を行います。手術には約30分から3時間かかることがあり、埋入本数や骨の状態によって個人差があります。長時間の手術が必要な場合や、極端に恐怖を感じる方には、歯科麻酔専門医が鎮静法を行うことがあります。手術中のストレスを軽減し、不快感を和らげるための方法もございますので、お気軽にご相談ください。

STEP3. インプラントと骨がくっつくのを待ちます。

手術後、2日から7日後には、一度ご来院いただき、傷口の消毒を行います。
その後、手術後10日から20日後には、縫合糸の抜糸を行います。その後は、インプラントと骨がしっかりと結合するのを待つことになります。

経過観察期間については、上顎の場合は通常4~6ヶ月間、下顎の場合は2~3ヶ月間程度かかります。

STEP4. 人工歯(被せ物)の装着

治療の次の段階では、被せ物の型取りを行い、セラミックの人工歯を装着します。手術後の4ヶ月から6ヶ月(上顎の場合)または手術後2ヶ月から3ヶ月ほど(下顎の場合)に、上部構造(かぶせ物)の型取りを行います。この際、患者さまには実際に装着した状態で1〜2週間過ごしていただき、噛み合わせなどを調整していきます。
インプラント治療の終了後は、ホームケアが非常に重要です。当院では手術後のメンテナンス方法などを丁寧に説明し、定期的に口腔内チェックとクリーニングを行って患者さまの口腔の健康をサポートしています。

治療後のメンテナンスについて

埋め込んだインプラントを長期間使い続けるためには、治療後のケアが非常に大切です。まずは毎日の歯磨きを丁寧に行い、検診とクリーニングを定期的に受けるようにしましょう。特にインプラントには神経が通っていないため、何か問題が起きても気づきにくいという特徴があります。口腔の健康を維持するために、定期的なケアを心がけましょう。

■毎日の丁寧な歯磨きが大切
インプラントがあっても、歯の健康を保つためにはしっかりと歯磨きを行いましょう。通常の歯と同じように、「食後すぐに歯を磨く」という習慣を心がけ、正しいブラッシングを実践してください。口腔ケアの基本を守りながら、健康な笑顔を保ちましょう。

■定期検診
インプラントは神経がないため、感染症などが進行しても痛みを感じません。異変に気づくのは歯が不安定になったり、膿が出始めてからとなりますが、その時点では既に進行していることがあります。手術後は、医師や歯科衛生士による専門的なチェックやメンテナンスが必要です。定期的な検診に来院いただくことで、問題が早期に発見され、適切な対応ができます。口の中の状態に関心を持ち、何か変わったことがあればすぐにご相談いただくことも重要です。早めのケアが持続的な健康をサポートします。

歯が抜けたまま放置すると・・・

歯を失った場合、放置せずに治療を受けることが重要です。歯を失ったままにすると、顎の骨が収縮し、顔の形に変化やシワの原因になる可能性があります。また、歯がない部分に隙間ができ、周囲の歯が移動してしまい、全体の歯並びが乱れることもあります。この状態では歯磨きが難しくなり、虫歯や歯周病のリスクが高まります。
インプラント治療は、失われた歯をしっかりと補完し、噛む度に顎に刺激を与えて収縮を防ぎます。そして、美しい歯並びを維持するのにも役立ちます。歯を失った場合は、早めに治療を受けて、口の健康と美容を保つことが大切です。

インプラントケース別治療法

単歯欠損を放っておくと(1本だけ抜けてる場合)

歯は歯槽骨にしっかりと固定されており、疾患や外傷により歯を失った場合、失われた歯をすぐに修復しないと、周辺の骨が崩壊し、収縮が始まります。
隣接する歯が支えを失うことで、両側の歯が欠損した部分に向かって移動し始めます!
この骨の吸収と移動のパターンは個人差があり、欠損した場所によっても異なります。一度歯が移動し始めると、他の歯も従って移動し、結果的に全体が大きく変わってしまいます。

歯が移動すると、歯肉や歯間の清掃が難しくなり、歯周病が発生しやすくなります。これにより、う蝕や歯肉の後退などが引き起こり、さらなる歯の欠損が生じる可能性があります。歯を失った場合は、早めの修復が重要です。

単歯欠損の治療の選択肢(1本だけ抜けてる場合)

最も一般的なインプラント方法は、失った部分に1本のインプラントを埋入する方法です。
この方法のメリットの一つは、ブリッジのように両サイドの歯を削る必要がないことです。これにより、隣接する健康な歯を削らずに済みます。
さらに、この方法は噛む際に歯ぐきに良い刺激が加わります。これにより、顎の健康を維持することができます。歯ぐきに適切な刺激があると、骨が刺激に反応して強化され、顎の骨の健康を促進します。

複数歯の選択肢(2~3本抜けてる場合)

歯は顎骨にある歯根によってしっかりと支えられています。しかし、複数の歯が欠損すると、すぐに顎の骨は吸収または収縮を始めます。時間の経過とともに、顎の骨は細くなり、治療の選択肢や可能性が制限されることがあります。
残存歯は、失われた歯と骨が提供していた支えを失います。その結果、支えを失った歯は移動し始め、空白領域に向かって傾向を示します。

周囲の歯にかかる負担がこれらの歯を移動させ、弱体化させ、さらなる歯の損失につながる可能性があります。このような状態は、口腔の機能や美しさに影響を与え、総合的な口腔健康を損なうことがあります。

複数歯欠損の治療の選択肢(2~3本抜けてる場合)

保険適用の取り外し式の部分入れ歯は、残りの歯と歯のない歯ぐきで支える必要があり、負担が生じることがありました。

一方、インプラント治療では、インプラントを支えとした固定式ブリッジが使用されるため、非常に安定した状態を実現します。この治療法は、見た目も天然歯とほとんど変わらないため、審美的にも自信を持つことができます。

全歯欠損を放っておくと(総入れ歯の方)

天然歯は顎骨にしっかりと埋め込まれた歯根に支えられています。歯根は周囲の骨を刺激し、顎骨の自然な形状を保つ重要な役割を果たしています。しかし、疾患、う蝕、または外傷によって全ての歯を失うと、歯根も失われ、本来の役割がなくなり、あごの骨は吸収や収縮を始めます。
長期間にわたり全ての歯を失ったままでいると、年月の経過とともに骨が吸収され、顔の形状が変化する可能性があります。口と顎が縮こまり、唇が細く見え、口や首回りのしわが増えることがあります。

全歯欠損の治療の選択肢(総入れ歯の方)

従来の入れ歯は、通常、歯のない歯ぐきに支えられる形でした。この固定しにくい土台に入れ歯を載せるため、総入れ歯がズレたり、痛みが出たりすることがよくありました。しかし、インプラント治療では、骨にインプラントをしっかりと固定し、その上に全歯を支えることができます。
これにより、しっかりと固い物も噛むことができます。

特に「All-on-4」というインプラント治療では、わずか4本から6本のインプラントを使って、全歯を支えることが可能であり、埋め込みが即日で行えるというメリットがあります。この治療法は、総入れ歯の方にとって効果的な選択肢となっています。

ページトップへ戻る
アルティメイト栄歯科
アルティメイト栄歯科・矯正歯科

〒460-0003 名古屋市中区錦3丁目15-33アルティメイト錦大津通3F

診療時間
9:30~12:30
14:30~19:00

休診日 / 土曜・日曜・祝日